Copyright© 2018 graftpreneur. All Rights Reserved.

グラフトプレナー、クラフトプレナー、永田町GRID、永田町グリッド、東京永田町シェアオフィス、ドキュメント72、ガイアックス

事業承継だけが答えじゃない。

日本の全企業数のうち99.7%は中小企業や個人事業主であり、これらの多くが事業の存続に直結する後継者問題に直面していると言われています。様々な働き方が可能になり、多種多様な価値観が許容される現在、これまで当たり前と考えられていた、経営者の子供達による事業承継は大きく形を変えつつあります。

家業を持つ家に生まれ、家業を支える父や母の姿を見てきた彼らは、「家業」の持つ有形無形の資産、人的ネットワーク、業界特有の専門的な知識を活かし、新たな価値を世の中に生み出そうとしています。

 

数百年続く家業の中に全く新たな事業を立ち上げる人もいます。地元で家業を継いだ兄弟をサポートするため都会のネットワークを利用した新たな事業を始める人もいます。会社員をしながらデジタルテクノロジーを使い父親の事業をサポートするプラットフォームを運用する人もいます。

これらの事例の全ては、事業を継ぐ・継がないという次元ではなく、まさに家業の中に脈々と受け継がれてきた "Entrepreneurship" の表現そのものであり、日本特有の起業家精神の表れです。

グラフトプレナー達はあなたの周りに沢山存在します。あなた自身がグラフトプレナーかもしれません。これまでの既存の事業承継の概念にとらわれることなく、家業との新しい関わり方を実践する人々を私たちはサポートします。

​継がなくてもできることがある。事業承継だけが答えじゃない。

家業 × アントレプレナー

大きく育った木の幹に別の木の芽を繋ぎ合わせて育てる技法を "接ぎ木" と言います。新たな芽も元からあった木も、病気に強くなり、美味しい実が早く収穫できるようになります。


グラフトプレナーは接ぎ木を意味する "グラフト(graft)" と起業家を意味する "アントレプレナー(entrepreneur)" を掛け合わせた造語です。事業を継ぐのか継がないのかに関わらず、家業の精神や有形無形の資産を巧みに活用しながら、新しい価値を世の中に生み出す人々のことを、私たちは ”グラフトプレナー” と呼んでいます。

私たちはこれまでスポットライトが照らされていなかった "グラフトプレナー" を表舞台に連れ出し、彼らの起業家精神によって日本の未来を明るくするためのエコシステムの構築を目指しています。